2017年2月22日水曜日

無印良品の家のホームページを久々に見て驚いたこと

久々に無印良品の家のホームページを見て驚いたことがあります。
「家をつくろう」という文字をクリックしたところ、
木の家、窓の家、縦の家、最後に家族が暮らしている映像が流れていました。

木の家は、どこかのモデルハウスがで完成するまでを地上から空から!
撮影していまして、
基礎コンクリート打設後の壁や床の設置、床、そして家具の設置まで完成までの映像でした。




窓の家は、完成したところからの映像で漆喰塗の綺麗な内壁でと大きなピクチャーウィンドウがとても印象的でした。




縦の家は、狭小住宅であっても、空間を最大限にとるように設計されています。
私は縦の家の見学会に行ったことがありまして、狭小住宅でも玄関が広く、
上手に太陽の光が取り入れられている造りだと思いました。

都内の狭い土地で家を建てる際は、無印良品の家の縦の家は選択肢の一つだと思います。
というか、縦の家は本当に魅力的だと思います。

私の家は田舎のせいもあり、土地が広いので木の家にしましたが、都内で狭い土地でしたら絶対縦の家にします!



 
最後に、家族が木の家でゆる~く生活する映像が流れて終了でした。

無印良品の家はがんばっています。
相変わらず!?認知度が低いんですけどねぇ。。。

公式ホームページ ☞ 無印良品の家



2017年2月21日火曜日

我が家の木の家はちょうど気持ち良い

我が家は無印良品の家の木の家に住んでいます。

家具やら収納棚など、何から何まで寸法が統一されており、ちょうど良い配置を簡単に決めることができます。

ネット上にアップされた写真を見ますと、
家具などが綺麗にスッキリに室内に設置されており、シンプルで洗礼されているなと感じます。
無印良品の家 ちょうど良い気持ちの家

また、家族構成は増えたり減ったりすることから、
壁の増設撤去も可能な無印良品の家は、いつの時代にも万能な造りだと思います。

他のハウスメーカーは、最初にガッチリ造るので最初の段階で素晴らしい完成品だと思います。

でも、月日が経つとその完成品は、いつしか使い勝手が悪くなってしまうかも知れません。

無印良品の家は、最初から完成品なのはもちろん、変化する家族構成にあわせて、いつでも完成品にすることができます。

ぜひ一度、モデルハウスに足を運んで、その造りを見てはいかがでしょう。
無印良品の家のモデルハウス一覧









2017年2月20日月曜日

無印良品の家の木の家の吹き抜けについて

一般住宅の『吹き抜け』と聞いて、みなさんは、どう感じますか?

私は木の家の吹き抜けを聞いた当初、1階の暖かい空気が2階に行ってしまい、1階でエアコンをつけても意味がないのでは?と思っていました。

住み始めてみると、
確かに1階の暖かい空気が2階に行っていました。

それで1階は寒いままなのか?と言いますと不思議なことにそんなことはなく暖かい。

真冬でも1階にあるエアコン1台で1階も2階もポカポカになり、2階にあるエアコンは今まで一度も出番がありません。

吹き抜けは、解放感があります。
また、太陽の光が部屋全体に行き渡り、とても気持ちが良いものです。

以上の経験により、
我が家では、吹き抜けは良いことばかりとなっています。


無印良品の家の木の家のウッドデッキが嬉しい季節

我が家の無印良品の木の家のウッドデッキについて無印良品の家の木の家のウッドデッキがかなり良いと思う理由を5つ上げてみます。

1つ目
天然無垢木材なので温かみを感じる
2つ目
外から家を見たときに見映えが良い

3つ目
室内からウッドデッキを眺めると気分が良い

4つ目
夏場の夕涼みが最高に気持ちが良い

5つ目
昔の縁側のような造りなので、気軽にそとに出てリラックスできる

と、こんな理由があります。


後付けのウッドデッキですと、どうしても後付け感があり一体化しない可能性がありますので、家づくりと合わせて設置するのが良いですね。






2017年2月19日日曜日

木の家の室内にタイルを貼る

洗面台で手や顔を洗っていると、どうしても水が跳ねて壁が濡れてしまいます。

壁が濡れているのに気づいた時は、拭くようにしていましたが、いつの間にか壁に黄ばみが目立つようになってしまいました。

そこで!

水跳ねしやすい部分にタイルを張ってみよう!と思い、ネットで調べたところ、貼るタイプのタイルがあることを知りました。

早速注文し、数日後に品物が届き、本日貼り付け作業をしました。

洗面台2つに面している壁に貼り付けました。作業時間は一時間弱でした。

素人の私が簡単にできたわけですが、あえて言うと、洗面台を移動してから貼り付ければ良かったと思いました。

洗面台を動かさなかったので、タイルの貼り付け箇所のスタート位置が決まってしまい、タイルと洗面台との間に隙間ができ、見映えがいまいちになってしまいました。。

まぁ、素人ととしては良くできたと思うので良しとします( ´_ゝ`)

~教訓~
タイル貼りは、面倒でも洗面台や家具を移動させてからやる!  です。

2017年2月18日土曜日

住宅ローンとにらめっこする

家を購入する場合、大部分の方が住宅ローンを組むと思います。

借入額と返済額を念頭に置きながら、住宅建設費を決めていくわけですが、我が家の無印良品の家の木の家は、あと一間広くとりたかったなと思っています。

200万円ほど高くなりますが、ローン返済は出来たと思います。

ローン返済は余裕を持って行うのは当たり前ですが、家は一度建ててしまうと、広くできません。

あと少し広くした方が良かったなぁと
思う私でした。。。



【住み始めて3年目】木の家の良い所を自分なりに紹介いたします

無印良品の家の木の家の良いところはどこか勝手に考えてみました。

・間仕切りがない室内なので、子どもがストレスなくニコニコ走り回れる
・子どもの遊ぶスペースを広く取れる(箱型の家で間仕切りがないため)
・こどもと常に一緒の空間にいられる(同上)
・暖かい日はウッドデッキでご飯が食べられ、美味しさアップ!?
・ウッドデッキ横にコンセントを付けたので、ホットプレート等を使った
 料理が熱々で食べられる
・箱型の家なので、歩くのを妨げる物がない
・家族の成長とともに間仕切りの設置撤去ができる
・無印良品の家具との相性が良い(見栄えが良い+一体感がでる)
・天井高が2.3mだが、気にならない(最初は不安だったが、気にならなかった)
・吹抜けがあり開放的である

と、こんなところです。

家を決める時に、他のハウスメーカーもたくさん見てきました。
他社の営業マンの押しが強いこともありまして、心動いたのは事実ですが(笑)
今は、この無印良品の木の家にして良かったと思っています。

しかし、無印良品の木の家の営業マンの❝ガツガツしなさ過ぎ❞には驚きました~
なんでしょうかね。
そういうスタンスでいきなさいという本部の指示なんでしょうか^^;